メニュー・料金

実費施術

全身調整・・・5,400円


DRTという背骨を揺らして全身を調整する手技をメインで行っております。脳は酸素(血液)と糖と刺激で機能を維持しております。関節などには動きなどを感じるセンサーがあって動きが悪くなると脳へ刺激がいきにくくなります。背骨を調整することによって、動きが良くなり、刺激が入り、脳の自己管理機能が回復していきます。よって、全身の調子がよくなっていきます。痛みが強い場合は、動体療法、スパイラルテーピングを施術する場合もあります。

(効果のある症状)

頭痛、肩コリ、腰痛、坐骨神経痛、梨状筋症候群、肉離れなどのケガ、坐骨神経痛、五十肩、寝違い、変形性膝関節症、生理痛、花粉症、自律神経の不調などの全身症状

自律神経調整・・・10,000円


病院にいっても原因がわからない場合、自律神経の不調かもしれません。ココロとカラダの両方からアプローチする独自の施術をいたします。薬ばかり増えて困っている方におすすめです。ストレスは精神的ストレスだけではないのです。①精神的ストレス②構造的ストレス③化学的ストレス④温度・湿度のストレスの4つのストレスがあります。この中で患者さまが一番強く影響を受けているストレスはどれなのか?を確認しながら施術と心理セラピーを行います。

(効果のある症状)

心臓のドキドキ感・不整脈・胸のザワザワ感・更年期障害・不眠症・起立性低血圧(立ちくらみ)・ノドの違和感・ヒステリー球・飲み込みづらい・お腹がすかない・消化不良・お腹が膨れる・息苦しい・めまい・耳鳴り・難聴・乗り物酔い・過食・ゲップ・胸やけ・低血糖症(極度のだるさ・疲労感)・光がまぶしい・吹き出物・口内炎・黄色い鼻水や淡が続く・治らない腰痛、肩コリ、病気・手足のしびれ・冷えなど


健康保険施術

健康保険が使用できるのは


原因がハッキリしている

「急性(約1週間以内)」の「外傷(ケガ)」のみです。


「肩こり」や「筋肉疲労」「慢性の腰痛」は実費となります。


また

同じ負傷部位で

他の整骨院、整形外科との併用はできません。


「仕事での負傷」は労災になります。

お怪我された部位数、負傷の日から来院日までの日数、負担割合によって患者さんごとに違いがあります。


初めてのご来院の方

約230円~約1200円くらい


2回目のご来院の方

約90円~約570円くらい


3回目以降の方

約60円~約480円くらい



交通事故施術について

事故にあわれたら

① まずはお身体が何よりも優先です。救急車を呼んで病院へ行ってください。

② 警察に届けてください

(事故直後は気が動転しており、痛みを感じにくくなっております。少しでもお身体の具合が不調なところがあれば人身事故扱いにしてください)

③ 加害者(相手)の住所・氏名・連絡先・自賠責保険の加入先を詳しく聞いてください。

④ もしも救急車を呼ばないで、すみそうな場合は、

当院に先にお電話

(072-968-8139)

か、来院していただき、

その後、当院の提携先の病院へ紹介させていただきます。

そこで検査をしていただき、ドクターに診断していただきます。

例えば、病院に行った直後は首だけが痛かったが、

翌日、膝も肩も痛くなったという場合もありますので注意してください。

*受傷後72時間(3日間)は症状が後からでてくることもあります。

3週間以内には出つくすといわれております。

ここで最初と痛む箇所と違う場合でも、

当院提携先の整形外科できちんとした検査をすることで、

その部位の施術もできますので、できるだけ当院提携整形外科での検査をおすすめいたします。

⑤ 病院では少しでも痛いと感じるところはすべて訴えてください。

医師の指示があればレントゲン、MRI、CTなどすべて受けてください。

⑥ 保険会社との連絡がとれたら、当院での施術となります。

*基本的に整形外科への受診も1週間に一度はおすすめしております。

後になって後遺障害認定を受けたくても、医師の診察を受けていないと

認定を受けられないこともございますので注意してください。

確認事項

□ お取り扱いの保険会社の連絡先(担当者の名前)

□ 病院での診断名

□ 車検証もご持参いただけると助かります(弁護士特約などの確認)

□ ご来院が保険会社と連絡のとれない場合は 預かり金 5,000円 いただきます

*確認がとれましたらすぐに返金させていただきます。


施術開始

症状に合わせて施術を行っていきます。

日常生活の注意点、ストレッチ、運動療法、電気治療などを行います。

テーピング固定、包帯固定なども症状によっては行います。

整形外科への受診も合わせておすすめしております。

施術終了

症状が改善され日常生活に支障がなくなるまで施術いたします。

万が一、後遺障害認定となる場合もございますので整形外科への受診は必ずおすすめしております。

病院と連携がとれています!

当院はいつもお世話になっている整形外科がございますので、紹介させていただきます。


労働災害

仕事でのケガは労働災害となります

仕事に行くまでのケガは通勤災害となります


療養補償給付たる療養の費用請求書という用紙で「柔」と書いてある


専用の用紙に

会社から記入してもらうことになります。



当院では、労働災害指定の施術所です。

•仕事中(業務中)、もしくは通勤途中にケガ(骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ)をされた方は事業主に届けてもらって証明をもらうことにより、労働災害保険の適用を受けることができます。

•(仕事中のケガは健康保険での施術ができません)

•健康保険とは違い、窓口の患者さんの負担金はありません。

•業務災害、通勤災害により休んだ場合は、休業補償がもらえます。

•負傷が複雑であり、長期療養を余儀なくされても療養補償及び後遺障害の程度により障害補償が受けられます。

•手続きは簡単です。事業主の証明があれば施術できます。用紙も当院でご用意できます。

仕事中、通勤途中でのケガに関しては労災となりますので、施術をしていてただき、早く職場復帰をなさってください。症状によっては当院より、整形外科を紹介させていただく場合もありますのでご安心ください。


生活保護

生活保護の方で施術を受けるには負担金がございませんが手続きが必要となります。

所轄(東大阪市ですと希来里の福祉課)の福祉事務所へ医療扶助の申請、「医療要否意見書」を発行してもらってください。

当院できっちりとした原因があり、施術の必要性を判断いたします。「医療要否意見書」に記入させていただきます。

当院から意見書を福祉事務所へ郵送します。後日、柔道整復施術券が送付されてきます。

この手続きがすみましたら、施術開始となります。

長期になる場合など整形外科への受診をおすすめする場合もございますので宜しくお願いします。